“(24)スマホ選びで気にして欲しい!ディスプレイのヒミツ “

 date 2月 16, 2018    comments  Leave a Comment   postedby  

スマホの一番の肝は美しいディスプレイ。
iPhoneが有機ELディスプレイを搭載してから、各社ますますディスプレイの軽量化と美しさに磨きをかけています。
ところでディスプレイの種類の違いで、見え方はどう変わるのでしょうか?
■大きな違い、有機ELディスプレイと液晶ディスプレイ
自身が発光する有機ELディスプレイと、
バックライトにより発光する液晶ディスプレイ。
このように、発光の仕方で大きく2つに分けることができます
■よく聞くRetinaディスプレイって?
ディスプレイの製品名です。
RetinaディスプレイはiPhoneに搭載されており画面解像度の高さが特徴。
他にも、各メーカーはオリジナルのディスプレイを搭載しています。
GalaxyはAMOLEDディスプレイを使用しており、抜群の色彩の鮮やかさを持っています。
Xperiaはトリルミナスディスプレイ。テレビでおなじみ、4Kの画像を楽しむことができます。
使用しているディスプレイにより見え方がかなり変わることが分かりましたね。
使い方によって生かせるメリットが異なりますので、
スマホ選びの際にはぜひディスプレイのスペックもチェックしてください!Galaxy

「Blackview BV5000」のスペック

 date 1月 28, 2018    comments  Leave a Comment   postedby  

デザイン的特徴がボディカラーに迷彩柄を使用していることで、見た目のアウトドア使用を感じさせてくれます。
また、見た目だけでなく防水機能と防塵機能を搭載し、野外キャンプでも安心できる大容量バッテリーを搭載しているスマホが「Blackview BV5000」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約78ミリ、高さ約150ミリ、厚さ約13ミリ、重さ約229gになっており、カラーバリエーションはブラック、ゴールド、迷彩柄の3色が用意されています。
ディスプレイは約5インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは驚愕の5,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMTK6735Pクアッドコア1.0GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
カメラはF2.2の明るいレンズを備えた約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載していて、どちらのカメラにもフラッシュライトが付いています。
ストレージは32GBでmicro SDカードを使用することで64GBまで増やすことができます。

「Xperia XZ1 SO-01K」のスペック

 date 1月 21, 2018    comments  Leave a Comment   postedby  

3D撮影を楽しめて最先端のCPUを搭載し、決定的瞬間を撮り逃さずに撮影できる「先読み機能」が付いたスマホが「Xperia XZ1 SO-01K」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約73ミリ、高さ約148ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約156gになっており、カラーバリエーションはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの4色が用意されています。
ディスプレイはHDR対応の約5.2インチフルHDトリルミナスディスプレイを搭載し、バッテリーは2,700mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン835オタクコアを搭載していてRAMが4GBになっています。
カメラは約1,920万画素のメインカメラと約1,320万画素のサブカメラが搭載されており、ソニー独自開発の「3Dクリエーター」というアプリで3D撮影を楽しむことができます。
デザイン的特徴は両面にプレミアムなメタル素材を使用していることで、一体感があって高級感も漂う見た目の良さと触り心地の良さも実現させています。

「Vkworld T1 Plus」のスペック

 date 1月 15, 2018    comments  Leave a Comment   postedby  

ファブレットサイズのディスプレイを搭載していて、最新のジャイロスコープセンサーでバーチャルリアリティを楽しめるスマホが「Vkworld T1 Plus」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約90ミリ、高さ約170ミリ、厚さ約4ミリ、重さ約122gになっており、カラーバリエーションはグレー、ゴールド、ローズゴールドの3色が用意されています。
バッテリーは長時間使用可能で急速充電に対応しているソニー製の4,300mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMTK6735 Contex-A53クアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが2GBになっており、ストレージは16GBで64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、ガラス一体型パネルを採用して薄型化されていますし、2.5D曲面加工やブルーライト軽減機能が付いています。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、綺麗に撮れるフラッシュライト機能やビューティーモードなどが備わっています。

「Samsung express 3」のスペック

 date 1月 9, 2018    comments  Leave a Comment   postedby  

軽量コンパクトなのにどの方向からでも見やすい高精細なディスプレイを搭載し、高性能クアッドコアプロセッサを採用しているスマホが「Samsung express 3」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約69ミリ、高さ約132ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約131gという軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトだけが用意されています。
ディスプレイは約4.5インチSuper AMOLED液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは取り外し可能で連続駆動時間が約12時間もある3,050mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが2GBになっており、ストレージは8GBで128GBまで増やすことができます。
カメラは背面に約500万画素CMOSイメージセンサーで前面に約200万画素CMOSイメージセンサーを搭載しています。
また、顔認識機能やマクロモード、エフェクト機能などを使用することができます。
デザイン的特徴は滑らかなカーブを描いた曲線と光沢のあるボディの美しさです。

「HUAWEI P10 lite」のスペック

 date 12月 23, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

美しいデザインで全てを兼ね備えているスマホが「HUAWEI P10 lite」です。
メタルフレームと立体感のある2.5D曲面加工が施されていますし、両面ラウンドエッジパネルになっていますので、手に優しく馴染んで操作性にも優れています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約146gという軽量スリムボディになっています。
バッテリーは驚きの3,000mAh大容量バッテリーを搭載していますし、安心の急速充電にも対応しています。
ディスプレイは約5.2インチの大型ディスプレイが搭載されていますし、超高性能2.1GHz/4コア+1.7GHz/4コアが搭載されています。
カメラは約1,200万画素のメインカメラと約800万画素のサブカメラが搭載されており、暗いところでの撮影に強くて様々なシーンに合わせて撮影方法を選ぶことができます。
カラーバリエーションはパールホワイト、サクラピンク、サファイアブルー、ミッドナイトブラックというお洒落な4色が用意されています。

「HUAWEI GR5」のスペック

 date 12月 22, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

メタリックボディで高級感を演出し、指紋認証センサーが付いてセキュリティ対策も万全な人気スマホが「HUAWEI GR5」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約158gになっています。
CPUはクアルコムのMSM8939オクタコア1.5GHz/1.2GHzが搭載されていますので、3Dゲームでもサクサクと動いて快適に楽しむことができます。
バッテリーは連続待受時間が約740時間の3,000mAh大容量バッテリーを搭載しており、CPUも省エネに特化していますのでバッテリーの消費を抑えられて安心です。
ディスプレイは約5.5インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載していて、賢いセンサーが環境などによって明るさを自動に調整してくれます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラを搭載しています。
ボディは美しくて頑強なアルミニウムマグネシウム合金で作られたクラシックデザインを採用しています。
カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレーの3色が用意されています。

「ELUGA power P-07D」のスペック

 date 12月 18, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

狭額縁設計で防水機能や防塵機能などを搭載し、パナソニック製品との相性が良いスマホが「ELUGA power P-07D」です。
画面が見やすい狭額縁設計になっていますので動画やゲームなどを快適に楽しむことができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約136ミリ、厚さ約9.8ミリ、重さ約129gという軽量コンパクトサイズになっています。
バッテリーは急速充電に対応している1,800mAhを搭載していて、カラーバリエーションはブラックのみとなります。
ディスプレイは約5インチTFT液晶を搭載しており、CPUはクアルコムのスナップドラゴンS4 MSM8960デュアルコア1.5GHzが搭載されています。
カメラは約100万画素のメインカメラと約130万画素のインカメラが搭載されています。
ストレージ容量は8GBでmicro SDカードで64GBまで増やすことができます。
便利な機能として撮影した写真や動画をSNSに投稿できる「ピクチャジャンプ」や、安全なセキュリティ機能の「パーソナルプロテクト」が付いています。

「Blaed V8」のスペック

 date 12月 9, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

素早い指紋認証で確実に個人情報を保護することができ、更に高性能CPUによって快適さを実現させているスマホが「Blaed V8」です。
高性能な指紋認証機能によって安心して使用でき、クアルコムの高性能CPUスナップドラゴン435オタクコアによってサクサクと気持ち良く使用できます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約148ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約141gになっています。
カラーバリエーションはシャンパンゴールドとミッドナイトグレーが用意されています。
バッテリー容量は2,730mAhで連続待受時間約560時間を可能にしています。
ディスプレイは約5.2インチフルHDディスプレイを搭載しており、スーパースリムメタリックボディとの両立によって高い品質感が演出されています。
カメラはメインカメラが約1,300+約200万画素デュアルカメラになっており、インカメラは約1,300万画素の高性能カメラが搭載されています。
デザイン的特徴は曲面エッジスクリーンの美しさとメタルボディの高級感を見て感じられることです。

「HUAWEI P10 lite」のスペック

 date 11月 13, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

美しいデザインで全てを兼ね備えているスマホが「HUAWEI P10 lite」です。
メタルフレームと立体感のある2.5D曲面加工が施されていますし、両面ラウンドエッジパネルになっていますので、手に優しく馴染んで操作性にも優れています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約146gという軽量スリムボディになっています。
バッテリーは驚きの3,000mAh大容量バッテリーを搭載していますし、安心の急速充電にも対応しています。
ディスプレイは約5.2インチの大型ディスプレイが搭載されていますし、超高性能2.1GHz/4コア+1.7GHz/4コアが搭載されています。
カメラは約1,200万画素のメインカメラと約800万画素のサブカメラが搭載されており、暗いところでの撮影に強くて様々なシーンに合わせて撮影方法を選ぶことができます。
カラーバリエーションはパールホワイト、サクラピンク、サファイアブルー、ミッドナイトブラックというお洒落な4色が用意されています。