出張時に活躍するSmart Keyboard

 date 4月 25, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

iPad Pro専用の純正キーボード「Smart Keyboard」も使っています。提出用ドキュメントやプレゼン資料を作成する際、かなりの文字数を入力しなければいけないからです。ネットでこのキーボードの評判を調べてみると、「キーストロークが短い」や「リターンキーが小さい」、「重たい」など辛口のレビューが目立ちます。しかし、実際に使ってみると普段はMacBook Airを使っているせいか、さほど気にならないのです。実際、Smart Keyboardを使って書いているが、まったく問題ありません。もちろん、キーボードの切り替えがうまくいかないことが多いとか、折りたたみが意外に面倒だとか細かい不満もないわけではないのですが、それらを考慮しても持っていて損はないと思います。とはいっても、「iPad Proとキーボードを組み合わせれば、パソコンの代用品として仕事で使えるか?」と尋ねられると、正直「大丈夫!」とは言えないのです。というのも、iPadには、会社で使うグループウエアをインストールすることも、WindowsやLinuxといったOSをマルチブートにして起動させることもできないからです。しかし、使い方を限定すればいいでしょう。例えば、出張時にモバイルパソコン代わりに使うという用途であれば問題ありません。そのポイントは、大きさです。 12.9インチのiPad Proを収納するには相当大きいバッグが必要なのですが、9.7インチであれば普段使っているビジネスバッグに収まります。しかも、たいていのモバイルパソコンより軽いですし、バッテリーも持ちます。SIMフリーモデルであれば、モバイルルーターも必要ないのです。

防水スマホarrows M03の評価・評判

 date 4月 16, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

arrows M03は発売されて早々から大人気を誇っています。前の機種であるarrows M02/RM02が格安スマホとしての人気1.2位を争っていたともあって、スペックがさらに向上したarrows M03に注目が集まるのも当然です。コストパフォーマンスもよく、シーンを選ばず誰でも使いやすいスマホなのですが、CPUに関してはもう少し高くても良かったのでは?という意見もあります。しかしスマホのスペックにかなりこだわるかたではなければ不満は出ないかと思われます。気になるのはやはり1つ前の機種であるarrows M02/RM02からの改善点でしょう。arrows M02/RM02とスペックの比較をしてみましょう。arrows M02/RM02から改善された点としては、カメラ画素やバッテリー容量の向上・端末の軽量化などが挙げられます。M02/RM02から搭載している防水仕様にも変化があり、キャップレス防水に対応したmicroUSB端子が新たに搭載されました。また液晶に関しても有機ELからIPS液晶に変更されました。ただ、arrows M02/RM02のスペックは十分に高いのでM03で大きな変化は見られませんが使いやすさは間違いなく向上したと言ってもいいでしょう。Arrows M02/RM02は現在も販売されていますが、より使いやすくなったarrows M03がオススメです。

大画面5.9インチ・第2世代Leicaのダブルレンズ搭載「HUAWEI Mate 9」

 date 4月 5, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

「HUAWEI Mate 9」は、CPUに、パフォーマンスと電力効率がアップした最新の「Kirin960」を採用し、64GBのストレージ、2日以上連続で使える4000mAhの大容量バッテリを搭載したハイスペックモデルです。わずか20分の充電で、1日フルに使える急速充電にも対応しています。ファーウェイ・オンラインストアのほか、家電量販店、イオンモバイル、エキサイトモバイル、DMM mobile 、楽天モバイルで販売するとしています。最大の特徴は、「第2世代」と位置づける、Leicaと共同開発したダブルレンズカメラで、カラー1200万画素、モノクロ2000万画素の2つのセンサを組み合わせ、より深くディティールを捉え、きめ細かい描写が可能だといいます。撮影後にフォーカスを変え、簡単に背景にボカシ効果をつけられる「ワイドアパーチャ」や望遠ズーム撮影など、ダブルレンズの特性を生かしたさまざまな撮影も楽しめるようになっています。4K動画の撮影や光学手ぶれ補正、進化した4-1n-1ハイブリット・オートフォーカスにも新たに対応しており、動画は、高画質を保ったままファイルサイズを圧縮するH.265技術を採用し、データ容量を従来より最大50%圧縮しました。これまで静止画のみだったワイドアパーチャモードでも動画を撮れるようになっています。

最新スマートフォンの「Tommy」とは?

 date 3月 29, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

最新スマートフォンの「Tommy」はフランスのモバイル端末ベンチャー企業の「Wiko」から発売されるスマートフォンです。
この最新スマートフォンはそのWikoが日本法人Wikoジャパンを設立して日本に上陸させた第1弾機種になります。
ディスプレイはオンセル技術を搭載した5インチHDディスプレイで、クリアで明るく高画質でゲームや動画などを楽しむことができます。
カラーバリエーションはブリーン(青緑)、フラッシュレッド、トゥルーブラックの3色が用意されていますが、クールグレイ、サンイエロー、ホットピンクの3色は順次展開されていくことになっています。
カメラは約800万画素のアウトカメラと約500万画素のインカメラを搭載していますので、色々な写真を綺麗に撮影して楽しめると思います。
ボディサイズは幅約71.5ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約145gになっていますので、どなたでも扱いやすいサイズと言えるでしょう。
バッテリー容量は2500mAhもありますので持ち歩いても安心です。
価格は1万5千円くらいとなりますので格安ですし、SIMフリーですので便利だと思います。
こうした最新スマートフォンは安くて便利で多機能となっていますので、気になる人はよければ購入して楽しんでみてください。

“格安スマホに虹彩認証、4GB RAMや最新CPU、ソニーカメラ搭載の「HOMTOM HT10」 “

 date 3月 17, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

国内では富士通のハイエンドスマホに初めて搭載されていて、先日爆発事故が相次いで回収騒ぎとなったGalaxy Note 7にも採用された虹彩認証機能を備えた格安スマホが早くも発売されました。5.5インチフルHD(1920×1080)液晶を備えたAndroid 6.0スマホです。用途に応じて1.4GHzのCortex-A53(クアッドコア)、2.0GHzのCortex-A53(クアッドコア)、2.3GHzのCortex-A72(デュアルコア)を切り替える仕様の10コアプロセッサ「Helio X20 MT6797」および4GB RAM/32GB ROMを採用。なお、同じプロセッサを備えた別メーカースマホのAnTuTuスコアは9万を超えています。カメラは背面が2100万画素で前面が800万画素。なんといずれもソニーのセンサーを採用しています。技適マークを取得していない点に注意が必要ですが、2.1GHzや1.7GHz帯のFDD-LTEおよびW-CDMAなどをサポート。IEEE802.11 b/g/n/acやBluetooth 4.1に対応するなど、格安スマホにもかかわらず、各種インターフェースも比較的最新のものが採用されています。

auの親子向けスマホ「rafre」と「miraie f」

 date 3月 6, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

auが3月上旬発売予定の京セラスマホ「rafre(ラフレ)KYV40」は、前機種「DIGNO rafre」の泡ハンドソープでの手洗いに加えて、新たに温水防水と泡ボディーソープでの手洗いに対応したのが最大の特徴となっています。ディスプレー上部に近接センサーを搭載し、料理中のレシピサイト閲覧などに便利なブラウザーのジェスチャー操作が可能で、タイマー操作と電話のハンズフリー応答も行なえるようになっています。雨の予報時には設定した時刻より早くアラームを鳴らすことができる「天気予報アラーム」機能も搭載しています。ブルーライトカット機能も搭載し、つねに手洗いしてキレイな状態でスマホを扱えるため小さい子どもがいる家庭でも安心して使えます。1月下旬発売予定の「miraie f(フォルテ)」は、オトナでも抵抗なく持てるデザインとなったジュニア向けスマートフォンです。ウェブサイトやアプリ利用を制限できるフィルタリング機能は、小学校低学年~高校生までユーザーの成長に合わせて個別に設定を変更できます。本体側面の防犯ブザーを押すとブザーが鳴動するとともに位置情報を取得し、メインカメラとサブカメラで撮影した周囲の状況写真とともに保護者に自動送信します。さらにセコムと連携した“現場急行サービス”にも対応し、セコムから要請に従って緊急対処員がユーザーのもとに急行することも可能です。

スマホ充電ができるタンブラーが登場

 date 2月 24, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

筋トレなど好きな方におすすめのスマホ充電アイテムがあります。
スポーツをしている時に、スマホを使用する方だっていると思います。
そんな時にはきっと役に立つアイテムとなっています。
それは、電動ブレンダーが付いているタンブラー「MiiXR」なのです。
見た感じは普通のタンブラーだと思うのですが、タンブラーの中に電動のブレンダーがついているのです。
なので、プロテインなどを使用する方は、これで簡単にプロテインのドリンクを作ることができるのです。
容量600mlとなっているので、十分な量のプロテインドリンクを作ることができるようになっています。
こんな便利な商品があったなんてびっくりです。
そして、もう1つがスマホ充電ができるようになっているのです。
このタンブラーには、モバイルバッテリーとしても使用できるようになっているのです。
あまり容量が大きくある訳ではないのですが、充電が少なくなっているとなった時に、充電ができるのは嬉しいものですね。
これからは、ジムでトレーニングをする時に、これを持っていけばかなり助かるものとなりそうです。
色々なものにモバイルバッテリーが付くのは嬉しい限りですね。スマホの電池を長持ちさせる方とは

ソフトバンクスマホで学割を利用したい

 date 2月 8, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

ソフトバンクスマホの格安な「ワイモバイル」から学割が登場しました。
大手のスマホ会社ではさまざまな学割サービスをスタートさせてます。
学割サービスが充実することで、これからスマホを学生の方が持ちやすくなってくるのではないでしょうか。
「ワイモバイル」では、2年間月1980円でスマホが利用できるようになっています。
こちらのプランはヤング割といって、18歳以下の方が利用できるようになっています。
通話も、月に300回10分以内の通話であれば無料で利用できるようになっているのです。
なので、通話の心配などもなく使用できるようになっています。
学割もどんどん色々な携帯会社でスタートされている中、どこにしようか悩む方も多いでしょう。
「ワイモバイル」でも、かなりお得に利用ができるという事もあり注目されている方もいるでしょう。
今まで、スマホ料金が高くてスマホを持てないなんて学生さんでも持てるようになりそうです。
高校生ともなってくると、アルバイトで2000円というのは簡単に稼げるような金額だと思うので、かなりお得にスマホが利用できそうです。
スマホを持とうか悩んでいる学生さんもこれがチャンスかもしれませんね。

ピースサインの写真から「指紋」盗み取られた場合の罰則は?

 date 1月 31, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

ピースサインの写真から「指紋」盗み取ることが可能ということが話題になっていますが、実際盗み取られた場合どうなるのでしょうか。弁護士によると「SNSに掲載された画像から指紋情報を抜き取ることを処罰する規定はないので、刑法に違反する行為、すなわち犯罪にはなりません。ちなみに、クレジットカード等から不正に電磁的記録を取得する、いわゆるスキミングは刑法163条の2ないし5によって処罰されますが、指紋情報は電磁的記録にあたるとしても、同法にいう『クレジットカードその他の代金又は料金の支払用のカードを構成するもの』には該当しないので、同法の罪には問われません。ただし、取得した他人の指紋情報を不正に使用して、ネットワークに接続されている端末にアクセスすれば、不正アクセス禁止法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)の罪に問われます」ということです。では民事上の責任はどうなるのでしょうか。「民法上、指紋情報は個人のプライバシー情報にあたりますから、他人の指紋情報を不正に取得した相手に対しては、損害賠償請求や、使用の差し止めを請求することができます。指紋や目の虹彩などの情報を生体情報といいます。生体情報は、鍵やカードを持ち歩いたり、パスワードを記憶したりしなくて済むなど便利な反面、盗まれても変更できないという短所があります。今後生体情報が認証手段として普及するときには、厳格な管理の仕組みが不可欠になるでしょう」ということです。

ZTE、デュアルカメラ搭載スマホ『Blade V8』発表

 date 1月 23, 2017    comments  Leave a Comment   postedby  

ラスベガスで開催されたCES 2017にて、ZTEがデュアルカメラ搭載のスマートフォン新モデル『Blade V8』を発表しました。デュアルカメラ搭載のスマートフォンがまた増えるんですね!日本での発売も予定されているので、カメラ好きは要チェックです!Blade V8が搭載するデュアルカメラは1300万画素と200万画素で、2つのカメラでピントの合う箇所を変更してボケ味のある一枚を撮れるそう。またインカメラは1300万画素で、フォトライトも使用可能。暗い場所で自撮りする時、ライトがないと全然上手く撮れませんよね。インカメラにもフォトライトが使えるなら重宝しそう。その他のスペックは、プロセッサがQualcommのSnapdragon 435、2.5Dの曲面ガラスを採用した5.2型フルHDディスプレイを搭載。バッテリー容量は2730mAhで、メインメモリ+ストレージは2GB/16GBと3GB/32GBの2種類が用意されているそうですよ。カラーは、シルバー/ダークグレイ/ローズゴールド/シャンパンゴールドの4色です。CES 2017では、このBlade V8をベースとした『Blade V8 Pro』も同時に発表されており、インカメラ以外のスペックはBlade V8より高くなっています。コチラも要チェックですね!