Archive for 1月, 2019

ソフトバンク代理店、大みそかと元日休み 働き方改革

 date 1月 29, 2019    comments  Leave a Comment   postedby  

ソフトバンクは22日、携帯電話の販売代理店について、大みそかと元日の2日間は、この冬から原則休みにすると発表しました。働き方改革の一環で、店員の休みを増やす。仕事への意欲を高め、質の高い接客につなげたい考えです。対象は「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の販売代理店。合計で約3400店あります。かつては年末年始も開く店が多かったのですが、昨冬から元日は原則休みとしており、今冬からは大みそかも基本的に休みます。販売代理店はソフトバンクとは別会社で、休業を強制することはできず、それぞれの店を営む会社に推奨します。2日間休業しても、販売実績などに応じて代理店に払う支援金を減らさないようにして、休みやすくするのです。代理店が入っている商業施設が年末年始も営業する場合は、休業しない例も出そうだということです。携帯大手では、NTTドコモは昨冬から元日を原則休みとした。KDDI(au)も昨冬から、12月31日~1月3日の間で1日以上休むことを推奨しています。

働き方改革向け新機能 勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone」に追加

 date 1月 22, 2019    comments  Leave a Comment   postedby  

ソウルウェアは勤怠・交通費精算クラウドシステム「kincone」に、勤務間インターバル制度に対応した機能を追加しました。ソウルウェアは11月19日、勤怠・交通費精算クラウドシステム「kincone」に勤務間インターバル制度に対応した機能追加を発表しました。勤務間インターバル制度は、2019年4月1日施行の「働き方改革関連法」に基づき「労働時間等設定改善法」が改正され、前日の終業時刻から翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保することが事業主の努力義務として規定されるものです。kinconeでは、これにあわせて従業員本人や管理者に通知を行なう機能と、労働時間の補填や遅刻判定から除外する機能を提供します。既にリリース済みとなっており。契約中のユーザは追加費用無しですぐに利用開始が可能となっているのです。kinconeはICカードを使って勤怠管理と同時に交通費精算も行なえるクラウドサービスで、導入費用は0円、月額200円/ユーザの低価格で提供されています。
https://www.remotemeeting.com/ja/hardware

楽天モバイル、空撮配信や配達ロボ 5G実証実験

 date 1月 7, 2019    comments  Leave a Comment   postedby  

楽天モバイルネットワークは15日、野球場「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で、第5世代(5G)移動通信方式を活用し、ドローン(無人航空機)で撮影した高画質な映像を大型ビジョンに伝送するなどの実証実験を行いました。実証実験は、球場内に5Gの臨時基地局を設置して行われ、配送ロボットは特定の地点まで自動走行した後、遠隔操作に切り替えられたのです。5Gで伝送されたカメラ映像を確認しながら、障害物を避けて配送先に荷物を届けました。ドローンを使った実験では、観客席に座った人の顔を識別できる高画質の映像を伝送したのです。本来は、楽天の会員情報などのデータベースと照合して、顔を識別できるが、この日はサーバーのトラブルで実現しませんでした。同社の山田善久社長は「5Gは娯楽や物流、通販、金融まで、楽天が手がける事業すべてを様変わりさせる技術です。力を入れていく」と述べたのです。5Gは高速大容量通信が可能となり、あらゆる機器を通信でつなぐモノのインターネット(IoT)など幅広い分野で活用が期待されています。